しののめ日記

汐見 彩 のブログ

はじめての執事カフェ③ 池袋スワロウテイル

はじめての執事カフェ① 

 

megbea.hatenablog.com

 のつづき

 

執事カフェに行ってみたい!」

ふいに沸き上がった興味(衝動)が
実を結んだことに正直自分でも驚いた。

生活に追われ、なんだかんだ疲れ、
楽しむことに罪悪感を感じたりする。


そうやっていつものように、この興味も
フェイドアウトするものと思っていた。

 

ところが

・連れを探し(衝動から3日目)
・日程を決め(衝動から4日目)
・どの執事カフェかを厳選し予約をする
 (衝動から5日目)

 

月の三分の一が休館日という
なかなか強気の営業方針である。

我ながら何事ものらりくらりの私としては
驚異的な初動の速さと決断力を呈した。


衝動からたった17日で実現に至れたことは
2018年上半期のトップニュースと言えよう。

 


紅茶以外の飲み物にも触れておこう。
珈琲はホット/アイスと用意があるそう。

お子ちゃまには
山葡萄などジュースもあるらしい。

カフェと言えば
「足を踏み入れた瞬間の珈琲のイイ香り」
を求めている人には物足りないかもしれない。


なんせ「英国式」
紅茶もイギリスも愛する私には
なかんずく居心地の良い「家」である。

ティーカップもお嬢様の雰囲気に合わせて
執事が選び説明もしてくれる。
茶葉によってもちろんカップも変わる。

私の物は2客とも暖色系の花柄だった。
寒色系が好き、花柄でない方が好ましい、
ということをまだ執事は知らないと見えた。

 

ティーポットに手を伸ばす私を笑顔で制し
「ワタクシが…」
とカップに注ぐ執事の所作は飽く迄美しい。

ホテルラウンジでも給仕は付くが、
お値段は執事カフェの方が
はるかに庶民的である。


嗚呼!
お嬢様として綴りながら
「庶民的」というワードを使い称える。
ニセお嬢様感を増す様が愉しくて仕方ない。

 


当日、悩んだ末に袖を通したのは
姑から頂いた新品のワンピースだった。
自分では買わないような高価なヤツだ。

都心に出るからには、
ましてや執事カフェに行くからには、
自転車でウロウロしている
普段着のままで良いわけがない。

ナゾの虚栄心が働いた。


「スニーカーじゃさすがにな」
20年前に買ったサンダルを引っ張り出した。

10年以上ぶりに、

いや英国へ発って以来のサンダルで

歩きはじめること5分。

右足のヒモの一部がちぎれた。

 

 なんか縁起悪い。

 

サンダルが進むのを拒んでいるのか?

と思わなくもなかった。

いや、ただ古びれただけのことだ。

幸い、靴底と足裏とに挟み込み難を逃れた。

これを思い出として載せておこうと思う。

 

f:id:megbea:20180706115553j:plain

フフ…どのヒモが切れているか判るまい



 


ちなみに
連れは普段通りの出で立ちであった。
潔いとも思った。

「実は普段からお嬢だったか、君は。」
畏敬の念すら湧いた。

 

オーバーオールの客もいた。

前述の観光客はもっと

「おたく感丸出し」であった。

ちなみに私は、

「おたくは人生の覇者」であると常々思う。

 

もとい、

私は「お嬢様=キレイ目な服装」だと思った。


それぞれの「演じ方」があるのだな、と

執事カフェの魅力を感じた…

そんな瞬間だったかもしれない。

 

館内は写真撮影禁止であるのが

残念のようでいて新鮮でもあった。

 

あ。

「次回までの宿題でございます。」
とにこやかに手渡されたカード。
これがあった。

 

f:id:megbea:20180706115305j:plain

 
「優しくされたい」
「イケメンに会いたい」
そんな女性だけのためのカフェ
ではないことを知った。

男子禁制ではないのだ。

 

ファッションについて、
男性より女性に品定めされることに
一層の緊張を覚える私。

他の人はどう感じるものなのだろう?


執事の中にも
「ご主人様」や「お坊ちゃま」、
男性に就くほうが身が引き締まる…

そんな風に感じる者が
いるのかもしれないな、などと思った。

 

 

外食の機会をあまり多く持たない私は
「店員との相性」を
ちょっと気にしたりする。

SNSで即刻DISられかねないこのご時世、
いたずらに、店員のやり方の良い悪い
ではないのかもしれないと思うのだ。

 


執事カフェの給仕スタイル。

私には不慣れであるし

かけられる言葉は台詞でしかない茶番だ。

 

茶番を「完璧に演じ合う」ことは

私には難しかった。

 

けれども、
飽く迄お客(ご主人様)の

心地好い時間を演じる

彼らのお芝居を愉しむめるのであれば、


私は執事カフェ

沢山の☆を付けたいと思った。 

 

秋葉原メイドカフェに行った話を

配偶者に聞いて湧いた執事カフェへの興味。

正直なところ、
当初は
ほぼほぼ“冷やかし”であった。


「ホストクラブみたいなもん?」
正直、ちょっと小馬鹿にしていた。


足を踏み入れる前までは

まだ冷やかし気分があったことも否めない。

 

 

いざ。

大好きな紅茶葉が豊富に取り揃えてあって
お値段もリーズナブル。

執事をはじめ職員の所作・言葉使いは美しく

慇懃無礼な馴れ馴れしさにはほど遠い。
決して嫌な気分になることはなかった。
そして、プチ贅沢気分を味わえる。


入れ替わるお客の半数ほどが
「おひとり様」であったことを
はじめは意外に思えていた。

一度その雰囲気を知った今となっては
「ひとり優雅に紅茶を愉しみたい」

そんな気持ちになるのに不思議はない。

 

執事カフェは大人のための憩いの場だった。

 

 

 

池袋 執事カフェ スワロウテイル

f:id:megbea:20180706115536j:plain

完全予約制

SWALLOWTAIL -Top-