しののめ日記

汐見 彩 のブログ

はじめての執事カフェ①池袋スワロウテイル

腰まである長髪を佐藤蛾次郎スタイルで

ひとつに結わえ礼装に身を包んだ男性。

ライティングボードを手に

観光客と思しき女性3人組の相手をしている。

彼の背後にある本日の予約状況は

すべて【満席】であった。

 

東京・池袋駅から徒歩10分

執事カフェ スワロウテイル

地下エントランスに続く階段前の光景である。

 


ひとつに結わえた長髪を

「蛾次郎スタイル」と呼ぶ

そんな流行りもルールもないが

瞬時にそう浮かんだ。

 

Q.何故だろう。

 

前出の観光客3人組のうち

1人だけが日本語を話すと思われ、

蛾次郎スタイルの彼との会話を

残りの2人に通訳していた。

予約5分前に到着した私達は

入り口を塞がれた状態にガッカリだ。

 

なんせ暑いねん…。

 

午前中とは言え

30度を超えんばかりの暑さだった。

黒のロングジャケットに身を包んだ

彼のあご先からは汗が滴っていた。

締め方がちょっと足りなかった

水道の蛇口のように

ポタッ・・・またポタッ・・・

 

きっと私は感じたのだ、

「なんか…つらそう。」

 

 『男はつらいよ』ならぬ

A.『ドアマンはつらいよ』

であったのだ。

(ここ、テスト出るよー。)

 

 

 

蛾次郎スタイルの彼も私達の存在に

気付いているのがわかる。

観光客3人組はこの滞在の予約獲得は

叶うことがなかった様子だった。

 

丁寧に頭を下げた蛾次郎に

ようやく店内(お屋敷内)に続く

階段へと通される我々…。

蛾次郎じゃなくてドアマン。

階段前のドアも

車のドアもないけどドアマンだ。

 


「お帰りなさいませ、お嬢様」

失礼のなきよう今日はお嬢になりきろう!

襟を正したそばから咄嗟に口を突く、

「ありがとうございます。」

 

めっちゃ他人行儀。


「お久しぶりでございます。」

にも思わず返してしまう、

「あ、はじめてです。」

全然ご主人様になりきれてないがな。

 

 尚も笑顔を絶やさず続ける執事。

「英国に発たれてもう10年、

 久々のご帰宅でいらっしゃいますね。」

 

嗚呼、プロフェッショナル。

 

 さて、

執事カフェと聞いて浮かんだ執事像は

・イケメン。

・とにかくイケメン。

・あと多分若いバイトの子。

・で、役者志望。

だった。

 

しかし、のっけから

「お荷物をお預かりします。」

と手を差し出したのは

愛着を持って「爺や」と呼びたい

高齢の男性であった。

 

本日の担当執事N、

(名簿によると

 厳密には彼は使用人=フットマン)

彼はアラサーと思われたが、

20代と思われる執事は

殆ど私の目には入らなかった。

更に言うと

イケメンも殆ど目に入らなかった。

 

夢に見た小林賢太郎ラーメンズ

の様な執事はおらず概して予想は外れた。

しかしながら

不思議と残念な気持ちにはならなかった。

 

お客(お嬢様)に媚びるわけではなく

居心地よく過ごしてもらうための術を

熟知している…

それが執事であるようだった。

 

胡散臭い褒め言葉を浴びせかける

ショップ店員とはじぇんじぇん違うのだ。

 

英国式アフタヌーンティは

三段のハイ・スタンドに盛られた本格派。

アンナマリア 3500円なり。

(ヴィクトリアは4000円)


下段…サンドイッチまたはキッシュ
中断…スコーンとプリザーブ(二種)
上段…デザートAまたはB

 

リザーブとは果実の砂糖煮

(コンポートとジャムの間?)ことだが、

ここではクリームなども含んでいた。
スコーンに付けて食べるためのものだ。

 

「プリザーブって何?」

お連れが私に問う。

「あぁ、スコーンの添え物?

  えーっと塗って食べるヤツよ。」

 

添え物て。

塗るヤツて。

 

「英国から10年ぶりにをした」

お嬢様の回答がコレだった。

リザーブ=添え物。

 

 

紅茶葉の種類は目移りしてしまうほど

多様に用意されている。

その説明書きに目を通す時間は

紅茶愛飲家である私の至福の時だった。

勿論、ポットサーブでティーコゼーも。

 

まずは期間限定の 

ダージリン・ファースト・フラッシュ

いわゆる「初摘み」の茶葉だ。

セカンド・フラッシュ(二番摘み)より

淡い色とすっきりした味。

心地好い渋みで喉の渇きが一掃された。

 

2つ目はヘーパイストスという茶葉。

グレープとマスカットのフレーバーティー

カップに注がれると同時に

座していた半個室に強い香りが充満した。


元来大メシ食らいの私には

一見「すくなっ」なアフタヌーンティも

ゆっくり優雅に口に運ぶウチに

満腹中枢を刺激したのか

物足りなさは感じられなかった。

 

f:id:megbea:20180806125820j:plain

お屋敷内での写真撮影は禁止です。


アフタヌーンティーの他には

軽食も用意されている。
パスタ、シチュー、冷静スープ

それぞれのセット。

いずれもアフタヌーンティーと同額。


サラダとデザート付き。

もちろん

ポットサーブの紅茶も選べるのだから

悪くない。

紅茶が好きな人には

たまのプチ贅沢にピッタリであろう。


ただ、

私は紅茶が好きが高じてペースがはやい…。

執事が来る前に

ポットが空っぽになったことは

失礼であったかもしれない。

 

少々慌てた様子の執事、「すべて私達が…」

笑顔のニセお嬢様、「お気遣いなく」

あやうく言いそうになってしまった。

執事プライドを傷つけるのはルール違反だ。

 

いや、違うぞ。


10年前、身の回りのことを

何から何までやってもらう生活に

疑問を持ちこの御屋敷を出た私。

独りの生活を続ける中で

自炊もした。

洗濯もした。

腐ったものを食べると

決まって3時間後にゲロを吐く、

という体質も判った。

海外旅行をすると

便秘が悪化することも知った。

行きに食べた機内食

帰国してなお出てこないのだ。

「況や紅茶をカップに注ぐことをや」

今の私にはワケないことなのだ、執事よ。

心の中でお嬢様のセリフを言ってみた。


そうしていると、

全部やってもらおうと思わずとも

「気持ちだけでうれしい」

そんな普段の自分の心が見えて

ちょっとハッとしたりもするのだった。

 

支払う気なんざないけれど、

既に会計をしている先輩の横で

財布を鞄から出してみたりする

アレと似ている。

 

いい話にしようと思いきや

ウッカリ墓穴を掘ってしまった。

まぁ、いいだろう。

 


10年前に英国に発ったお嬢様が

帰ってくる家は英国式なのか…。

ちょっと設定が甘くないか?

英国じゃなくて

スペインとかにしてもらえぬ?

バルセロナとかどう?

サグラダファミリアの完成を

見届けてから帰国する!

無知丸出しの無計画渡航

後に引けなくなったお嬢様。

主任彫刻家に日本人がいると知って

ホームシックになって

帰ってきたお嬢様とかじゃダメ?

 


つづく